ホームお知らせ一覧 > 市民発 >SUKI@おかがみ.com~安心の居場所づくり

SUKI@おかがみ.com~安心の居場所づくり

催しの様子

毎月第2土曜日の午前10時から午後3時まで、麻生市民館岡上分館(川崎市麻生区)の学習室はカフェになる。接客するのはそろいの赤いエプロン姿の「SUKI@おかがみ.com」のメンバーだ。

同団体が運営する「みんなのcafe in おかがみ」では、カフェと一緒に催しも開催する。12月は羊毛フェルトで干支(えと)のネズミを作る講座だった。

代表の三上由加利さん(59)(=写真右上)は同分館に5年間勤務した。他地域と比べ、岡上地区は住民同士のつながりが強いよさがある中で、引きこもりや1人暮らしの高齢者など自宅以外に居場所がない人たちの存在も感じた。誰でも気軽に来られる場づくりを目指し、メンバー5名で2018年10月に団体を立ち上げた。

毎回、ギター演奏会、手作り教室、健康体操、地域史講座など多彩な催しを開催。いろいろな立場の人が参加できるように工夫している。地元で創作活動する人の作品展示もする。2年間で500人の来客があり、「ギターの音色にうっとりして、ゆったりした気持ちになれて良かった」などと好評だ。

居場所を見つけられずにいる人が一人で来ても自然に触れ合える場を目指す。運営の負担を減らし、カフェを長く続けるため次年度は年4回開催とするが、「毎回、濃い内容の企画にしたい」と三上さん。連絡先は☎070(3277)8170。

(2020年2月8日 神奈川新聞掲載 市民記者・諸富滋)