ボランティアをはじめる方へ

市民活動って何?

市民活動とは、よりよい社会づくりのために市民が中心となって行う活動です。
市民活動を行っている団体は、ボランティアグループやNPO法人があります。
団体を運営するために有償サービスを行う場合もありますが、団体の運営は、市民の方々のためにあります。

ボランティア活動とは?

ボランティア活動とは、市民活動と同じく、よりよい社会づくりのために市民が中心となって行う活動です。
市民活動と違うところは、活動によって金銭的な利益を求めないことです。また、活動の形態は、個人や団体で行うもの、1回または数回の活動で終了するものがあります。

NPOとは?

NPOは、Non-Profit Organization(非営利組織)の略です。営利を目的とせず、社会的な使命(ミッション)の遂行を団体の存在意義とする民間の組織のことで、「民間非営利団体」と呼ばれる場合もあります。
NPOには、社会福祉法人や学校法人、医療法人などの公益法人を含みますが、市民たちの自発性に基づくボランティアグループや市民活動団体を指すことが一般的です。また、こうした市民活動団体の中には特定非営利活動促進法(NPO法)に基づく法人格を持つ組織(NPO法人)もあれば、法人格を持たない組織もあります。

何か始めたいけどどうしたら?

ボランティア募集冊子「ボラ★ナビ」で、活動先を探せます。
応援ナビかわさき(ポータルサイト)でボランティア募集情報、ボランティア養成講座などの情報が探せます。
使わなくなった本、CDなどを集めてボランティア!・・・今日からできる!集めて支援!

ボランティア 参加するときのポイント

初めてボランティア活動をするときは、どういうことに気をつければいいのでしょうか。大切なポイントをまとめました。

相手の気持ち、団体の目的を考えよう

まず相手の立場に立って気持ちを尊重し相手が何を必要としているのかを考え活動することがボランティア活動の基本です。「ボランティアをしてあげる」という気持ちよりも、ボランティアをすることを通して、「こちらが学ばせてもらっている」という意識を持ちましょう。

約束・ルールを守ろう

参加できなくなった、電車が遅れて遅刻しそうなど、まずは活動先へ連絡してください。活動先はあなたを待っています。スケジュールが狂ってしまうこともあるので連絡は徹底しましょう。その他、活動先での約束やルールは必ず守りましょう。

一声は自分から!積極的になろう

活動先のメンバーとコミュニケーションをとりましょう。「こんにちは」「お先に失礼します」などのあいさつも自分からすすんで言いましょう。活動は待っていても始まりません。「今何をやればいいのか」自分のできることを探し、自分で考えて行動することを心がけましょう。小さなことでも役立つことがたくさんあります。

ふさわしい服装で

活動内容、目的に合った服装で活動しましょう。活動によっては指定があったり(エプロン、運動靴など)、活動先で支給されるもの(軍手、スタッフジャンパーなど)を身につけたりすることがあります。

プライバシーを守ろう

活動先で知った相手の個人的な情報は、信頼関係を大切にするためにも他の人に話したり、インターネットに掲載したりすることはやめましょう。

わからないこと、心配なことがあったら

わからないこと、問題に直面したら一人で悩まずに、メンバーに相談しましょう。

「気づき」「なぜ」を大事に

ボランティアは自分が気づいたこと、できることを、自分からやっていく自主的な活動です。「こうしたらもっといいな」と思ったことを提案しましょう。また、疑問や問題をどう解決できるのかを考えてみましょう。

自分のペースで参加しよう

無理せず自分の生活に合ったペースで活動しましょう。無理をしないことが長続きの秘訣です。

実際に活動している人について知りたい

市民活動紹介 神奈川新聞掲載「市民発」
神奈川新聞に連載している「市民発~地域をつくる人・活動」です。川崎市内のさまざまな活動や団体を紹介しています。
ごえん楽市(かわさきボランティア・市民活動フェア)
年に一度の市民活動見本市。さまざまな分野の団体が活動紹介の展示などで参加しています。
応援ナビかわさき(ポータルサイト)
かわさき市民活動センターに登録している団体の活動内容、連絡先等が見られます。分野、地域で検索ができます。

かわさき市民活動センターについて

センターは、誰もが暮らしやすい社会の実現に向けたボランティア・市民活動および青少年事業の推進を使命(ミッション)とした非営利組織です。
センターは、さまざまな市民活動やボランティア活動を行っている人たちや、これから行おうとしている人たちを応援します。

センターって何があるの?

センターは、「人材育成」「活動拠点」「資金」「情報」「ネットワーク」といった社会的資源を提供し、さまざまな側面から市民活動を応援すると共に、青少年の施設等の管理運営を行っています。
センターには、会議や打合せなどができる「会議室」や、関係図書が閲覧できる「図書コーナー」、パソコンを使って作業やインターネットができる「パソコンコーナー」、資料を印刷したり製本作業ができる「印刷・作業コーナー」、市民団体が備品などを保管できる「貸しロッカー・レターケース」などがあります。
センターに利用登録をすると、上記の各種施設が無料(一部有料)で利用できます。 

センター利用案内 → こちらのページをご覧ください。

コメントは受け付けていません。