ホーム活動を知ろう>先輩に聞いてみよう!

先輩に聞いてみよう!

初めて参加したとき、みんなどんな気持ちだったんだろう。

先輩の写真
出会えるラジオ まるラジ放送の様子
先輩の写真2
先輩の写真3

<下段左>まるラジで行った絵本づくりワークショップイベントの様子
<下段右>ラジオの放送内容をまとめた『まるラジおとな図鑑』を作成しました

高校生のときに市民活動に関心を持ち、大学生の現在、自分たちの団体「出会えるラジオ まるラジ」で活動する3人にお話をうかがいました。

A:水谷涼香(みずたにすずか)さん
B:水落(みずおち)なぎささん
C:後河内清花(うしろごうちさやか)さん
大学生  ボランティア活動歴  1〜2年
所属「出会えるラジオ まるラジ」  http://maruraji.com/

Q.ボランティア活動歴を教えてください
A. 高校3年生のころに、NPOカタリバと川崎市が協働で行っている「川崎ワカモノ未来Project」に参加をして、地域での活動を行うようになりました。市民活動を始めて2年ほどになります。
B. 「まるラジ」のほか、横浜市磯子区民まつりでスタッフもやっています。
C. 「まるラジ」で約1年4か月です。
Q.ボランティアを始めて何は変わりましたか?
A. 地域で活動すると、これまで係る機会の少なかった様々な世代の方と交流でき、多様な考えや街でのアクションがあることを知りました。そうして生まれたつながりが、地域で暮らす一つの楽しみになったことです。
Q.ボランティアの醍醐味を教えてください
B. 私はまだ社会に出てお金をもらって仕事をする、という経験はありません。だから、今何時間働いたらいくらだ、みたいな感覚がないので、心の底から誰かのために活動ができている実感があります。誰かの笑顔がじかで見られるのがすごく楽しいし、やりがいがあります。
C. 団体名のとおり、私たち自身もいろいろな人と「出会える」ことが醍醐味のひとつです。
Q.逆に思いもしなかった大変な事はありますか?
A. 色々な方の市民活動を行う姿を見て、行動力、発信力、経験、気配りなど、まだまだ足りないところばかりだなあと痛感。多くの人に関心を持ってもらうことの難しさを感じます。
B. 今行っているラジオは、すべて自分たちで運営しているので、ただ楽しいことだけをやるというわけにはいきません。未来のことを考えつつ、お金のことや放送回のこと、様々なことに自分たちで問題発見、問題解決していくことが大変です。
C. 一から立ち上げた団体なので、何かひとつのことを達成するためにもさまざまな準備、下調べと多くの打ち合わせが必要となり、「時間が足りない!」という気持ちになります。また事務所がないので気軽に集まることができる場所が限られてしまうことです。
Q.これからボランティアを始めようと考えている人に一言お願いします
A. 自分の想いや、やってみたいことを形にしていくことは、大変な瞬間もあるけれど楽しいです。応援しています!!
B. 根気、やる気、元気!!誰かのためにやるって、本当に素敵なことです。チャレンジ精神と楽しむことを忘れずに。
C. 自分のできないところは、他の人が得意としているところかもしれない!協力次第で自分が持つ力以上の活動ができると思います。仲間を大切にがんばってください。

活動者の声

  • 活動者アイコン

    20代
    ボランティア
    活動歴  3年

    初ボランティアは高校2年のとき。知り合いに宮城県東松島市での復興支援に連れて行ってもらった。震災から数年たっていたが、まだそのままの状態で残っている場所があり、がれき、流木などの片づけを手伝った。自分の当たり前だと思っていた生活が当たり前ではないことを知った。「知ること」、帰ってきてからも「思うこと」もボランティアの一部だと感じた。(2018年9月)

  • 活動者アイコン

    10代
    ボランティア
    活動歴  半年未満

    ボラナビで、ナンバーゼロのボランティアを見つけて、今回初めてボランティアをしました。発送作業のお手伝いをしました。思っていたより堅苦しくなく、時間の経つのが早かったです。(2018年8月)

あなたの初めてのボランティア参加の感想をお聞かせください

これからボランティアをはじめようとお考えの方に安心して参加してもらえるように初めて参加した時に感じたこと、今初めて参加される方に伝えていることなどなんでもかまいません!

アンケートフォームはこちら
さぁ、ボランティアをはじめよう!
ボランティアを探す>>