ホームお知らせ一覧 > 市民発 >NPO法人神奈川県相続成年後見協会~制度を分かりやすく

NPO法人神奈川県相続成年後見協会~制度を分かりやすく

身振りを交えインタビューに答える男性の写真

神奈川県相続成年後見協会は、セミナーや個別相談会などの活動を通じ、相続・遺言・贈与・成年後見に関する制度の理解と必要性、活用の仕方を発信しているNPO法人だ。平均年齢が55歳の10人で活動している。

 設立は2017年12月。金融・保険会社で長年、同分野に携わってきた代表の髙島俊一さん(62)(=写真)に親戚や知人から寄せられた声がきっかけだった。

 「弁護士、税理士など士業への相談は敷居が高い。金融機関主催のセミナーだと自社商品の説明に対して、参加者が慎重になる。主催者が中立な立場であり、気軽に参加しやすい活動を求める声は大きかった」と髙島さんは話す。

 難しいイメージが先行するテーマだけに、今までと違うアプローチが必要だ。セミナーでは紙芝居形式の講義や参加型のグループワークのほか、地域住民が出演する寸劇も取り入れている。内容は「事例で学ぶ円満相続」「認知症と相続」など原則無料で行っている。

 「何事も事前準備が大切なことに気づいた」など参加者の言葉は励みになる。「親子での情報共有の大切さやリスク対策の方法を多くの人に伝えたい。今後は地域に根付いた町内会の実施を増やしたい。」と髙島さんは抱負を語る。問い合わせは、かながわ相続ホットライン 電話(0120)546751。

(2019年3月2日 神奈川新聞掲載 市民記者・渋澤和世)