文字サイズ変更 標準 拡大
背景色変更
ユーザビリティの説明
左のメニューから文字サイズの変更や背景色・文字色の変更ができます。

ホームお知らせ一覧 > 市民発 >岡﨑重人さん 依存症から脱却して

岡﨑重人さん 依存症から脱却して

岡崎さん

岡﨑重人さん(40)=写真=は、薬物依存症回復支援施設NPO法人「川崎ダルク支援会」(川崎市中原区)に関わって16年。現在は理事長として運営の重責を担っている。

きっかけは、自らが薬物依存症患者として入所したことから始まる。「高校生の頃、好奇心で吸ってみたら楽しかったんです。そのときはすぐに止められたので、後になって依存症になるとは思いませんでした」と話す。

やがて生活が薬物中心になり、家のお金まで持ち出すようになった。家族の生活が圧迫され初めて、自分が依存症であることに気づいた。家族の勧めで同施設に入所し、ダルクプログラムと自助グループから成る12ステップによって依存症を断ち切った。

その後、入所して来る人を助けたい思いにかられ、スタッフになり活動に没頭した。いつしか自分が支援する側に立っていた。現在は、依存症の予防や当事者への偏見・差別をなくそうと、講演活動に力を注いでいる。

「違法薬物に限らず、市販薬をはじめ、喫煙、飲酒、ギャンブル、買い物など依存への誘惑は街にあふれています。ダルクに入所すれば誰でも克服できるとは限りません。だからこそ、多くの人に実態を知っていただきたい」と思いを語る。

連絡先は「川崎ダルク」http://darc-kawasaki.org

(2021年1月7日 神奈川新聞掲載 市民記者・齋藤 進)