大学連携事業

 平成27年度 かわさきNPO映像交流会(ナンバーゼロ28年3月号より)

2月5日(金)、かわさき市民活動センターにて「かわさきNPO映像交流会」が開催されました。当センターの大学連携事業として、川崎市内の市民活動団体と専修大学ネットワーク情報学部学生が連携し、団体の広報物(PR映像、パンフレット、WEB)を制作しました。今年度で6年目の実施になります。当日は担当学生より、今年度ご協力いただいた全9団体の作品の発表がありました。この日来場された協力団体、学生、一般の方々、約90名が賑わいました。

また、2月14日(日)には楽友ホール(藤沢市)にて「かながわNPO映像祭」が開催され、入賞した20作品の上映と表彰式がありました。当事業からは4作品が入賞。うち、点字サークル芽の字会の「点字で人と人をつなぐ」がグランプリを受賞しました。

かながわNPO映像祭
【グランプリ】
点字サークル芽の字会の「点字で人と人をつなぐ」
【入賞】
かわさきNPO法人連絡会  「つながり~かわさきNPO法人連絡会」
チーム・パーキンソン  「チーム・パーキンソン~人よりちょっと、おちゃめです」
聴覚障害児の教育と未来を考える会 「つながろう!!こどもたちのために」

平成26年度 かわさきNPO映像交流会(ナンバーゼロ27年3月号より)

2月6日(金)、かわさき市民活動センターにて「かわさきNPO映像交流会」が開催されました。当センターの大学連携事業として、川崎市内の市民活動団体と専修大学ネットワーク情報学部学生が連携し、団体の広報物(PR映像、パンフレット、WEB)を制作しました。今年度で5年目の実施になります。当日は担当学生より、今年度ご協力いただいた全12団体の作品の発表がありました。この日来場された協力団体、学生、一般の方々、約90名が賑わいました。

また、2月8日(日)には楽友ホール(藤沢市)にて「かながわNPO映像祭」が開催され、入賞した25作品の上映と表彰式がありました。当事業からは7作品が入賞。うち、NPO法人かわさき市民アカデミーの「あなたの老後に潤いを」、助産師が運営するコミュニティサロンしゃべり場の「いつでも、しゃべり場」の2作品が優秀賞を受賞しました。

かながわNPO映像祭
【優秀賞】
NPO法人かわさき市民アカデミー 「あなたの老後に潤いを」
助産師が運営するコミュニティサロンしゃべり場 「いつでも、しゃべり場」
【入賞】
NPO法人KFV  「出会いからはじまる多文化国際理解教育」
NPO法人WE21ジャパン たかつ 「WEショップ・たかつ見聞録」
むじなが寺子屋  「地域の学び舎むじなが寺子屋」
NPO法人環境研究所かわさき  「おしえて!くうもん」
NPO法人ぐらすかわさき   「市民をつなぐぐらすかわさき」

平成25年度 かわさきNPO映像交流会(ナンバーゼロ26年3月号より)

~市民活動団体と専修大生のコラボレーション~ 映像発表と交流会

1月31日(金)、かわさき市民活動センターにて「かわさきNPO映像交流会」が開催されました。当センターの大学連携事業として、川崎市内の市民活動団体と専修大学ネットワーク情報学部学生が連携し、団体の広報物(PR映像、パンフレット、WEB)を制作しました。当日は担当学生より、今年度ご協力いただいた全12団体の作品の発表がありました。発表後には参加者全員での写真撮影と交流タイムがあり、この日来場された協力団体、学生、一般の方々、約90名が賑わいました。

また、2月9日(日)には神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)にて「かながわNPO映像祭」が開催され、入賞した23作品の上映と表彰式がありました。当事業からは3作品が入賞。うち、NPO法人多摩川干潟ネットワークの「だいし水辺の楽校PR映像」が優秀賞を受賞しました。同法人副理事長の寺尾さんは「専修大学の学生のおかげ。せっかく作っていただいたものなので、イベントの冒頭に流すなどして有効に活用していきたい」と笑顔で語ってくれました。

平成24年度 第4回かながわNPO映像祭で「優秀賞」受賞

2月10日、横浜市青少年交流センター『ふりーふらっと野毛山』で「第4回かながわNPO 映像祭-NPO はおだやかに社会と共感しあう-」が開催され、NPO紹介映像応募数56作品のうち、入賞した21作品の上映と表彰式がありました。当センターの大学連携事業として、市内のNPO法人・市民活動団体と専修大学ネットワーク情報学部との連携で制作した映像4 作品が入賞。うち、NPO法人日本災害救護推進協議会(代表:石津毅さん、通称「JAEA」)が優秀賞を受賞しました。
表彰式には、JAEAの河波弘晃さんと制作・出演の専修大学ネットワーク情報学部2 年の戸高佑樹さんが登壇。緊張した面持ちで、賞状と賞品を受取りました。
司会の県立向の岡工業高等学校(多摩区)放送部の生徒が、「NPOと言ってもいろいろな活動があることを知ることができ、大変勉強になりました」と感想を述べていました。
閉会後、優秀賞受賞メンバーは、緊張も解け楽しそうに記念写真を撮っていました。

【優秀賞】 NPO 法人日本災害救護推進協議会「相互救護をめざして」
【入 賞】 NPO 法人発達障害支援アカンパニスト「アカンパニストCM」、クローバーの会「お産にお悩みのあなたへ」、なかはら散策ガイドの会「私のまち、再発見」

※大学連携事業で制作した活動紹介映像12作品は、当センターのフリースペース設置のワンセグ放送でご覧いただけます。(ワンセグ対応の携帯電話等、受信機が必要です)

 

平成23年度 専修大学ネットワーク情報学部との連携による市民活動団体広報支援

大学連携事業 市民活動フェアでの様子

市民団体の広報活動は、団体にとって時間的制約や資金面から大きな課題となっています。そこで、大学にて専門知識を学ぶ学生と連携し、映像等の作成による広報活動を企画、実施いたしました。映像だけでなく、リーフレット、携帯サイトとリンクをした広報活動を行うことにより多くの方に広報できる媒体を提供することができ、参加した市民活動団体に大変好評でした。また、大学生が市民活動団体の映像制作に携わることにより、市民活動を理解し、今後の市民活動参加が期待できるというメリットもあります。

今年度は10団体が参加し、作成した映像、リーフレットは24年1月28日のかわさきボランティア・市民活動フェアで紹介されました。映像は当センター内フリースペースにてワンセグでご覧になれます。

映像祭で入賞!
かながわNPO映像祭で、参加団体のうち3団体が入賞、うち1団体が優秀賞を受賞しました。

優秀賞 食の安全・安心行動提起・実行グループ Uzumaki
入賞  NPO法人MOVEART00(おうえん)隊
入賞  うつ病支援の会あさお

コメントは受け付けていません。