ホーム>よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)

よく寄せられる質問をまとめました。その他のご質問は問い合わせフォームからどうぞ。

ボランティアに参加する

Q 、ボランティア活動はどうやって始めたらいいですか。情報はどこで探せばいいですか。

A 、すでにある団体やグループの活動に参加する、個人で活動する、仲間と団体やグループをつくって活動をするなどいくつか方法があります。はじめやすいのは、すでにある団体・グループの活動に参加する方法です。

団体やグループを探すには、インターネットが便利です。 ⇒ 応援ナビかわさきへ
ボランティア募集冊子「ボラ・ナビ」でも探せます。 ⇒ ボラ・ナビへ

Q 、どんな活動がありますか?他の人がどんな活動をしているか知りたいです。

A 、福祉、医療、高齢者、障がい者、環境、国際、防災、教育、文化、スポーツ…非常に多くの分野があり、活動の方法も、個人で行うもの、グループで行うものなど様々なスタイルがあります。

「活動を知ろう」のページから、たくさんの活動、活動者を見ることができます。 ⇒ 活動を知ろうへ

Q 、最初から団体に登録するのは、続けられるかどうかもあり、ちょっと心配です。

A 、団体の見学や、活動体験ができるところ、イベントボランティアなどの単発の活動があります。まずは気軽に参加してみてはどうでしょうか。

Q 、ボランティア活動する上での注意点は何ですか?

A 、⇒ 「ボランティア7つの約束」へ
その他、不安なことは、受け入れ団体の方に聞くか、センターへご相談ください。

Q 、団体(任意団体)と法人(NPO法人、社会福祉法人など)で、活動はどう違いますか?

A 、ボランティア活動をする上で、違いはあまりありません。関心のある分野、団体の活動内容、活動スケジュールなどで探してみましょう。

Q 、資格や経験がなくてもボランティア活動はできますか?

A 、特別な技術がなくてもボランティア活動はできます。ご自分の趣味や特技を活かした活動もあります。

Q 、活動をするのに年齢制限はあるのですか?

A 、ボランティア活動に年齢制限はありませんが、受け入れ団体や施設等が活動内容により、応募条件をつけている場合があります。

Q 、ボランテイアに参加した場合、報酬や交通費や昼食代などは支給されるのでしょうか?

A 、活動に関わる報酬は無償です。交通費・弁当代・ボランティア保険等の費用は、受け入れ団体・施設等によります。

Q 、活動できる時間が一定していないのですが?

A 、時間、曜日が選べるボランティア活動や、イベントの手伝いなど単発の活動もあります。

施設利用

Q 、センターの開館時間を教えてください。

A 、年末年始および休館日以外の毎日、9時から21時まで開いています。会議室、印刷室は9時30分から20時30分まで、フリースペースは9時から20時45分まで利用できます。休館日はこちらからご確認ください ⇒ 休館日・アクセスへ

Q 、センターはどこにありますか?

A 、所在地は川崎市中原区新丸子東3-1100-12です。JR南武線「武蔵小杉駅」・東急東横線・目黒線「武蔵小杉駅」から徒歩3分、またJR横須賀線「武蔵小杉駅」(新南口)から徒歩5分のところにあります。中原市民館と同じ建物です。地図はこちらから ⇒ 休館日・アクセスへ

Q 、どんな団体が利用登録できますか?個人も登録できますか?

A 、市民活動団体を対象にしています。サークル活動の団体も、活動を活かして地域貢献につながる活動が含まれている場合は対象になります。個人は登録できません。 ⇒ 施設利用登録へ

Q 、施設利用登録には何が必要ですか。

A 、施設利用登録申請書と団体の規約(または会則、定款)をご持参ください。提出は会の方ならどなたでも(代表でなくても)かまいません。

Q 、団体の規約(または会則、定款)がないのですが。

A 、登録には規約が必要です。また、助成金や後援名義の申請などにも必要になりますので、作成しておくことをおすすめします。参考資料をご覧ください ⇒ 会則(規約)作成の手引きへ(PDF  153KB)

Q 、施設利用登録は何日かかりますか。

A 、申請書提出から一週間ほどかかります。お急ぎのときは職員にご相談ください。

Q 、登録できたかどうか、どうすればわかりますか。

A 、施設利用登録申請承認決定通知書を登録された住所に郵送します。また、登録されると、ポータルサイト「応援ナビかわさき」の団体一覧に掲載されますので、そちらでも確認できます。 ⇒ 応援ナビかわさきへ

Q 、センターの会議室で講座などの公開イベントを開催できますか。

A 、はい、開催できます。参加費のあるイベント・講座もできます。イベント利用の手続きをお願いします。6か月前から予約できます。詳細はイベント利用をご覧ください。 ⇒ 公開イベント利用へ

Q 、会議室で飲食できますか。

A 、飲食できます。ただし、匂いの残るもの、アルコールはご遠慮ください。また、飲食に伴うごみは各自お持ち帰りください。

Q 、フリースペースは予約が必要ですか。

A 、いいえ、予約は必要ありません。当日空いているところを選んでお使いいただいています。受付に申し出てください。

Q 、フリースペースは誰でも使えますか。

A 、ボランティア活動、市民活動に関する打合せ、作業に利用できます。団体の事業(講座、ワークショップなど)、個人的な利用(勉強、休憩など)には利用できません。

Q 、フリースペースで電源は使えますか。

A 、10か所のテーブルのうち、4か所に電源があります。1日1回、3時間まで利用できます。電源タップの容量を超える無理な使用はご遠慮ください。

Q 、フリースペースは何時間使えますか。

A 、電源を利用される場合は、1日1回、3時間が上限です。電源を利用されない場合は、利用時間に制限はありません。ただし、いずれの場合帆、席を確保したままの昼食や長時間の離席はご遠慮ください。

Q 、フリースペースで飲食できますか。

A 、ペットボトルやふた付きカップなどの飲み物は可です。食べ物はご遠慮ください。利用後は汚れなどの確認し、原状復帰をお願いします。

Q 、市民活動ブースを申込みたいです。

A 、空きが出る(満期の団体があるなど)場合は、2月頃ホームページ等で募集のお知らせをします。年度の途中で空きができた場合もホームページ等で募集のお知らせをします。空きがあるかどうか、電話でのお問合せもできます。 ⇒市民活動ブースへ

Q 、市民活動ブースは何年使えますか。

A 、1団体、4回更新、最長5年間使用できます。

Q 、市民活動ブースをNPO法人の住所として登記できますか。

A 、できます。

Q 、こども文化センターをボランティア活動で利用したいです。

A 、こども文化センターは、児童の利用が少ない午前中当の時間に、青少年活動、乳幼児サークル活動、ボランティア活動などへ部屋賀しをしています。詳しくはこども文化センターのページをご覧ください。

Q 、センター以外で市民活動に利用できる場所はありますか。

A 、川崎市内の各区市民活動支援拠点
http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/32-7-4-4-3-0-0-0-0-0.html
会議室情報(応援ナビかわさき)
http://kawasaki.genki365.net/gnkk09/pub/content_search.php?type=81&sort=5&select_class=1&select_code3=1
活動スペース(つなぐっどKAWASAKI)
https://www.tsuna-good.city.kawasaki.jp/facility

イベント講座・相談

Q 、ごえん楽市はどんなイベントですか。

A 、川崎市内の市民活動団体が活動を紹介する見本市です。年1回開催しています。 ⇒ ごえん楽市ページへ

Q 、次のごえん楽市はいつですか。ごえん楽市に出展したいのですが、どうしたらいいですか。

A 、次回は2019年2月2日(土)です。出展団体募集は2018年9月中旬から10月中旬ごろまでです。パンフレットをご覧ください。 ⇒ 交流イベント(団体向け)へ

Q 、ごえんカフェはどういうものですか。誰でも参加できますか。

A 、市民活動に関心のある方が集まり、名刺交換、関心あるテーマごとに話をするなど、新しいつながりづくりができます。団体はもちろん、個人、企業、教育機関、行政など、関心ある方ならどなたでも参加できます。

Q 、パワーアップセミナーを受講できるのは、どういう人ですか。

A 、市民活動、ボランティア活動団体を対象にしています。これからそういう活動を始める人も受講できます。ビジネスやカルチャーセンター的に受講されるのはご遠慮ください。

Q 、川崎市外在住ですが、パワーアップセミナーに申し込めますか。

A 、申し込めます。

Q 、パワーアップセミナーは、団体から複数参加できますか。

A 、できます。むしろ複数での参加をおすすめします。団体に持ち帰って、話をするときも、複数で受講している方がよく伝わり、効果的だと思います。

Q 、専門相談とはどういうものですか。

A 、税理士、行政書士、司法書士の専門家が団体運営で生じる問題や悩みについて相談対応します。事前予約制です。 ⇒ 相談してみようのページへ

Q 、どんなことが相談できますか。

A 、活動をはじめたい、団体をさがしたい、特技を活かせる活動をさがしたい、自宅に近い活動をさがしたい、団体を立ち上げたい、仲間を集めたい、などの市民活動相談のほか、NPO法人・団体向けの専門相談もあります。 ⇒ 相談してみようページへ

かわさき市民公益活動助成金

Q 、かわさき市民公益活動助成金の申込みはいつですか。

A 、毎年11月中旬頃から1月上旬頃にかけて受け付けています。申請から交付までのスケジュールは助成金のページでご確認ください。 ⇒ 助成金へ

Q 、かわさき市民公益活動助成金の申請書はどこで入手できますか。

A 、センター窓口のほか、ホームページからもダウンロードできます。 ⇒ 資料・様式ダウンロードへ

Q 、助成金について相談したいのですが。

A 、申請についての事前相談は、いつでも受け付けています。特に、初めて申請される団体は、申請書を書く前に相談することをおすすめしています。お電話でご予約ください。

Q 、かわさき市民公益活動助成金について詳細を知りたいです。

A 、例年、市内各所で説明会を実施しています。助成金のページからご覧ください。 ⇒ 助成金のページへ

Q 、今までどんな団体のどんな事業に助成金が交付されたか知りたいです。

A 、助成金のページに各年度の交付団体と事業名の一覧(PDF)があります。 ⇒ 助成金のページへ

Q 、1団体で複数(2件以上)の申請は可能ですか?

A 、複数申請はできません。申請できるのは1団体につき1件です。

Q 、同一事業で他の助成金申請を平行して申請することはできますか?

A 、川崎市および川崎市の出資法人などに同一事業で補助・助成、委託等を申請する場合は、決定後どちらか一方を選択していただきます。その他の助成金については問題ありません。なお、平行申請する場合は申請書P.4に状況を記入してください。

Q 、年度を越えて行う事業を申請することはできますか?

A 、できません。当助成金は当該年度内(4月1日から翌年3月31日まで)の期間に実施される事業が対象です。

Q 、団体の会則(規約)、または決算書・予算書がないのですが。

A 、提出は必須ですので、作成し添付してください。会則(規約)については、ご希望により見本をお渡しします。また、団体発足から1年未満の団体の場合は、発足後の年度分の予算書のみで構いません。

Q 、提出書類以外に団体のリーフレット、活動写真、新聞の掲載記事などを添付してもいいですか?

A 、申請団体の公平性を担保するため、提出書類〔(1)申請書(第1号様式:P1~6)、(2)団体の規約・会則、(3)団体の決算書および予算書以外の添付は認めません。添付書類はいただいても審査の材料にはなりません。なお、申請にあたり団体活動情報の収集が必要な場合は、事務局から団体へ別途提供をお願いすることがあります。

Q 、活動準備期間は「活動実績」になりますか?

A 、算入してかまいません。

Q 、発足後3年未満/以上の「発足後」とは?

A 、団体が発足した日以降を意味します。とくに設立総会を行っていなくても構いません。

Q 、ステップアップ100・200の申請資格にある「概ね3年以上」とは?

A 、団体発足から2年10か月が経過していることを意味します。

Q 、申請に事務所の有無は関係ありますか? また、ある場合、事務所は市内にないといけませんか?

A 、事務所の有無は特に関係ありません。代表者の自宅などを事務所として有している場合でも結構です。また、事務所が市内になくても、おもな活動場所が川崎市内であれば申請できます。

Q 、「不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与する」とは?

A 、参加の機会が確保されるなど、広く市民に開かれた活動をいい、「公益」という言葉に置き換えられます。特定の個人・団体の利益を図るものではありません。

Q 、 「これまでの活動を充実または拡大し行う事業や類似の活動を新たに企画し行う事業」とは?

A 、「これまでの活動を充実または拡大し行う事業」は事業の対象者・活動地域や時間等を充実または拡大して行うこと、「類似の活動を新たに企画し行う事業」とは、例えば障がい者の余暇活動を目的に行っていた「日帰りキャンプ事業」を、新たに「スポーツイベント事業」として企画することなどをいいます。

Q 、審査では、どんな点が重視されますか?

A 、事業目的の公益性、事業内容の具体性、事業の波及効果、団体の自立性、事業実施の実務的な能力について総合的に判断し、採点します。

Q 、交付された助成金事業について変更したいことがあります。

A 、団体情報(代表者、連絡先など)の変更は変更届をご提出ください。⇒資料・様式ダウンロードへ  また、やむをえない理由による申請内容の変更及び中止等が発生した場合は、必ず事前にご連絡ください。

Q 、第2次審査のプレゼンテーションはどんなことをするのですか。

A 、申請した事業について、指定された時間内で説明します。もぞう紙1枚が使えます。パソコン、プロジェクタの使用、また資料や物を手に掲げて見せながらの説明はできません。詳細は対象の団体にお知らせします。

Q 、他にどんな助成金があるか知りたいです。市民活動団体、NPO向けの助成金情報はどこにありますか。

A 、ポータルサイト「応援ナビかわさき」の支援情報のところにあります。⇒応援ナビかわさきへ  また、センターの図書コーナーには、「助成金ガイド」があります。全国の情報が掲載されています。 ⇒ 図書コーナーへ

賛助会員・集めて支援・その他

Q 、賛助会員になるにはどうしたらいいですか。

A 、ボランティアの方々や市民活動団体の活動支援に取り組んでいますが、この支援の輪を広げるために、市民の方々の寄附や賛助会員加入のお願いをしています。賛助会員になっていただいた方には、「事業成果レポート(年2回発行)」をお送りします。
センター窓口で受け付けています。郵便振替もご利用いただけます。会費、口座等は賛助会員ページをご覧ください。 ⇒ 賛助会員ページへ

Q 、賛助会員にならないと、施設(会議室等)が利用できないのでしょうか。

A 、いいえ、賛助会員にならなくても団体登録をすることで利用できます。